スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

マテリアル編集

L4D2ではThe Sacrificeのアップデートが来てからaddonでのModelの書き換えがサポートされなくなりました。
なのでもう新しいModelを作っても意味がありません。
だけどmaterialsはいじれるのでやってみようと前前から思っていたのですがなかなか手がつけられませんでした。
二日前くらいからmaterialsをいじりだしたのですが以外にハマッてずっとやってた...omg
いろいろとやってみたので作ったものを少し紹介したいと思います!
らだー
まずはラダー
青色にしたつもりなのですが発光?のせいなのか紫いろになりました。

Crosshair
次にCrosshair
Crosshair関係については今の所 特殊感染者時、生存者の近接、投げ物、PIllなどを持っているときのCrosshairしか変更できず
一番重要な生存者が銃を持っている時のCrosshairの変更方法はまだ分かりません...
只今研究中です。

pipe.jpg

そして最後に投げ物の発光です。
暗い場所や、オーラの見えない長距離などでも投げ物を見落とす事は少なくなると思います。

Crosshair、ラダー等についてはL4D2のpack01_dir.vpk内のmaterialsを編集すればだれでもできます。

ただ、発光は使い方によってはチートよりまずい使い方があります
たとえば、TANKを発光させる、特殊感染者を発光させるなど
他にもアルファチャネルとあるコマンドを組み合わせてテクスチャを透明にする(外部toolを使わずしてWallhack)なども容易にできてしまうので公開は控えておきます。

materials一つでゲームが崩壊するなんて怖いですね...
Valveさん早くmaterials変更もサポート外にしましょう



スポンサーサイト
2011年02月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | Left4Dead2
コメント

管理者だけに表示する
«« Crosshair | HOME | 最近の心境 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。