スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

便利なコマンド

Left4Dead2はConfoglもVersionが2.2.2までリリースされて結構安定してきました
細かいバグはあるけど競技性は高まってきたかなーと思います

Confoglは2.2.1から味方TANKのHPの詳細、自制心、燃えているかどうかという情報が左にHUD表示されるようになり
TvTでは自制心報告がなくても仲間一人一人がどの程度自制心が減っているのかというのがわかるようになりました

特殊感染者側のHUDでは仲間の特殊感染者の種類、沸いているのかどうか、特殊攻撃のチャージ、残りHPが見れます
自分のHPは右下に数字でも出ているのでわかります
ですが、自分が生存者を拘束している時は自分のHPはなぜか見れない設定になっています
自分が拘束中の場合は仲間に残りHPを聞くしかないですよね
ですが
hud_zombieteam_showself

というコマンドを使えば自分が仲間の感染者を見るように自分の残りHPなどが拘束中にみれるようになります

でも、ただ単にhud_zombieteam_showself 1などにすると仲間一人分のHUDが見れなくなるので必要な時に1に書き変えればいいわけです

なのでConfigに
bind "TAB" "+custom_tab //HP表示
alias "+custom_tab" "+score; hud_zombieteam_showself 1"
alias "-custom_tab" "-score; hud_zombieteam_showself 0"

と書き込めばTABを押したときにだけ自分の残りHPのHUDが表示されるようになります
拘束中敵のグラウンドカバーなどで打たれている時など仲間への報告に使えるのではないでしょうか!!!
スポンサーサイト
2010年12月02日 | Comments(3) | Trackback(0) | Left4Dead2
 | HOME | OLD »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。